スマートフォン対応が求められる時代

日本国内でも各キャリアともスマートフォンに力を入れてきています。

実際に便利ですし、需要が高まるのもうなずけますね。

さて、そんなスマートフォンですが、Webマーケティングもこの時代の流れについていかなくてはなりません。

ちなみにスマートフォンの契約数の見通しは下記の通り。

■各年度末におけるスマートフォン契約数(スマートフォン契約比率)
2010年度:895万件(8.3%)
2011年度;2,185万件 (19.9%) ← 現在
2012年度:3,500万件(31.2%)
2013年度:4,505万件(39.4%)
2014年度:5,315万件 (45.7%)
2015年度:6,035万件(51.0%) ← 4年後には半数がスマートフォンになると予測

※2010年12月16日のMM総研より

この記事を書いている私もスマートフォン(iPhone)を所有しているのですが、PC向けサイトはやっぱり文字が小さくて見にくいと感じています。

入力フォームもPC向けのものをスマートフォンで見ると入力しにくいことがほとんどです。
(私が体験したものでプルダウンメニューがスマートフォンだとうまく動かないなんてサイトがありました)

AmazonやGoogleのようにスマートフォン向けに最適化されたサイトを見た後ならなおさら違和感を覚えてしまうのも事実です。。

スマートフォンからの集客も強化するならば、最適化されたページを作成するのは必要になってきています。携帯電話が普及した時に携帯向けサイトがたくさん出来たように、今後はスマホ向けサイトがたくさん出てくるのではないでしょうか?

4年後のスマートフォンシェア50%時代に向けて今から準備をして、スマホ最適化のノウハウを蓄積していきませんか?

弊社でもスマートフォン向けのページ作成を始めました。

301 Moved Permanently

お見積・ご相談は無料ですので、電話かメールでお問い合わせください。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました